FC2ブログ

Medina Symposium × 営業部⑫

Medina Symposium × 営業部⑫

メディナシンポジウムが合同になってから、
はじめての営業さんの発表でした!

1_201909300728321e5.jpg

義歯部からの製作基準の発表のまとめとして、
普段、先生方にどのようにアプローチしているのかなど、
ロールプレイングの披露も含めた発表となりました!

2_20190930072833739.jpg
ラボのお外に出る機会の少ない技工士社員たちには、
営業さんの情熱の籠ったトークを聞き
良いお勉強会となったのではないでしょうか!(^^)!

自信を持って営業に出向いてもらえるよう、
私たち技工士社員はしっかりとした技工物を製作することにより一層力を入れていこうと、
改めて感じました( ..)φ

メディナシンポジウムは年内残すところあと1回となります。

次回は義歯部完成班社員の発表です☆

義歯部 秋山



スポンサーサイト



Medina Symposium × 営業部⑩

Medina Symposium × 営業部⑩

今月のメディナシンポジウムは、義歯部の2019年新人さんチームによる発表前編でした☆

入社直後の4月に行われた、

加藤武彦先生による診療実習のリポートです!

2日間に渡る実習で、咬合採得~新義歯のセットまでを

間近で見学させて頂くという歯科技工士として大変貴重な

学びの機会となっております。

11_20190805173243bf5.jpg

この日は実習第1日目の咬合採得から排列試適までの流れを説明してもらいました!(^^)! 

実は本実習で私は技工作業を担当させて頂いたので、緊張が蘇ります・・・・・。

新人さんたちの歯科技工士としての希望に、少しでも役に立てれば幸いです(:_;)

また、お取引先医院様の先生方にも見学して頂き、全員が深くお勉強させて頂く

ことが出来ました。

毎年本実習を快く開催して頂いている加藤武彦先生、長時間に渡る診療にご協力

いただいた患者様、心より感謝を申し上げます。

こちらのリポートはThe Medina Zineにも掲載させて頂く予定です!

義歯部 秋山



Medina Symposium × 営業部⑧

Medina Symposium × 営業部⑧

今月のMedina Symposiumは維持装置班の発表です!
今回はCAD/CAMを用いたクラスプの製作過程についての説明をして頂きました!

メディナでは殆どのクラスプのパターンを、
3Dプリンターで製作しております。
1_201906031209105f5.jpg

現在のメインオペレーターは入社3年目の技工士です(*’▽’)

世間ではCAD/CAMが普及すれば歯科技工士は要らなくなると言われてしまいがちですが、
やっぱりまだまだアナログ技工の経験がないと
画面上でのデザインもスムーズにいかないのではないでしょうか!

営業さんにっとっても、
歯科業界以外の視点からも見られるテーマで興味を持ちやすかったのではないかと感じました。

・・・来月は私が発表させて頂きます!(^^)!

義歯部 秋山





Medina Symposium × 営業部⑤

Medina Symposium × 営業部⑤

今週の発表は、
維持装置班からクラスプの設計方法を詳しく披露して頂きました( `―´)ノ

サベイヤーの使用方法や、
バイト材と印象材の相性など自分のルーティーンワーク触れていないところを振り返ることが出来ました( ..)φ

また、今回もプレゼンテーション資料のクオリティが高く、
私もスキルを磨かなくては!と思いました!(^^)!
1_201903201057034e2.png

4月からは新人さんの研修が始まるため、
次週発表の後はMedina Symposiumは少しペースダウンし
継続していきたいと考えています(#^^#)
新しい仲間とのディスカッションやプレゼンテーション作りも楽しみです♪♪

義歯部 秋山

Medina Symposium × 営業部④

Medina Symposium × 営業部④

今回のメディナシンポジウムは、
セミナーインストラクターでお馴染みの京極副主任の講義でした!(^^)!

テーマは「排列(前歯)」でしたが、
デンチャースペース義歯の基本についても分かりやすく解説して頂きました☆

6.png

「基本が出来なければ応用も出来ない!」という重要なお言葉を頂きました!

普段セミナーで聞かせて頂いている先生方の講義とはまた違った、

新鮮なデンチャースペース義歯概論でした( ..)φ

毎回排列セミナーでデモンストレーションを披露しているからこそできる、

完璧な解説だったのではないでしょうか(*^^*)

来週は人工歯排列臼歯編を解説して頂きます!

義歯部 秋山

Medina Symposium × 営業部③

Medina Symposium × 営業部③

今回で3回目となる、営業さん合同回のメディナシンポジウムでございます!(^^)!
研磨・完成班の主任さんに、
メディナ製義歯の割り出し~研磨までを説明して頂きました!

メディナでは各段階の研磨を担当分けし、
それぞれの工程で磨き残しのないよう工夫しております。
営業さんからの感想では、
日頃から研磨がきれいだとお取引の先生方におほめ頂く機会が多いとのことで、
成果が出ていると感じられました(#^.^#)
1_2019021910243694f.png
普段は静かな社員でも、
長年情熱を持ち取り組んできたお仕事については
皆さん丁寧に、熱く語ってくれることが解りました(・`д・´)
そして、今回は直前までバタバタしながらスライドを作成しましたが、
40分にもわたる充実した講義となり、
嬉しく感じました☆

確かな技術と共に、
コミュニケーションや発信技術も養い
より充実した皆様とのお取引を目指すべく、
今後も勉強会に取り組んでいこうと思います_(._.)_

義歯部 秋山

社内研修会

みなさまこんにちは!義歯部の秋山です。
今回は、5月26日土曜日の午前中に行われた社内研修会の様子をお伝えいたします(^・^)

本年度2回目研修会のテーマは「基礎床の基準の確認と製作」です!

まずは、模型製作の時点で規準板を使用し平面を合わせておくことが、
排列の進めやすさなどにも関わってくることを学びました。
1_201805291011413c7.jpg

基準点の記入と設計のデモ
2_201805291011429ce.jpg

基礎床の製作が普段の業務ではない社員にも参加して頂き、
みなさん興味深いようで真剣に取り組んでいました(゜-゜)
3_201805291011445c1.jpg

日頃はゆっくりと質問する機会がないことについても、
じっくりと勉強することができたようです☆
4_20180529101145a99.jpg

時間に余裕のある方にはロウ堤を乗せるところまでやって頂きました!
5_2018052910114716b.jpg

完成したものの一部です!!
6_20180529101201338.jpg


とし歯科医院様 診療実習後半(2018.4.22)

皆様こんにちは (^-^)/

先週に引き続き、義歯部秋山が担当させて頂きます!

4月22日(日)は、前回同様とし歯科医院様にて診療実習後編に参加させて頂きました。
前編の最終工程として行ったデンチャースペース印象を弊社に持ち帰り、完成した新義歯をお持ちしました!

緊張の一瞬・・・! Σ( ̄。 ̄ノ)ノ
1_20180427163848765.jpg

粘膜面、辺縁形態、咬合の調整を数時間に渡り丁寧に行っていきました。

これらの調整はどちらも中途半端なことが一番よくなく、
臨床現場で時間がなければ別々の日に行ってもよいくらいだそうです。

今回はレーズを持参し、弊社の技工士がピカピカ研磨をさせて頂きました☆

技工作業の中で研磨は見た目に大きく関わるもののひとつです。

研磨したての義歯を患者様にセットさせて頂く事は技工士として素敵な体験です!
2_20180427163850fe4.jpg

ラボサイドの作業である埋没、填入、重合などの工程については弊社の技工士が先生方に解説させて頂きました。
3_20180427163851c1e.jpg
4_201804271638527f0.jpg

調整完了後には実際に患者様におせんべいを食べて頂き、
しっかりと咀嚼されていられるところも確認できました!

今回のケースは、上下共に骨吸収が著しく とくに下顎の骨吸収は、
すり鉢状になっていました。

そのため、どのように対応すべきか悩ましい症例でしたが、
無事にデンチャースペース義歯テクニックで吸着させることに成功しました!!!

この日はお天気も良く、患者様が元気にお帰りになる姿をお見送りすることができました☆


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


また、この日の後半では田中先生より義歯の改造方法についてもレクチャーして頂きました!
バイトを調整し、上顎の義歯形態を改造するという流れでした↓
5_20180427163854f03.jpg
6_20180427163910003.jpg
即時重合レジンを盛る工程もお手伝い!


改造前↓↓↓
7.jpg
8.jpg



改造後↓↓↓
9.jpg
10_201804271639163bf.jpg


今回の診療実習では
歯科診療から技工作業に至るまで、
患者様の口腔内に新たな義歯が入るまでの一連の流れを見学させて頂きました。

患者様と密に接する機会の少ない私たち歯科技工士にとって
医療従事者としての自覚を持つための非常に有意義な体験となりました。

これからは先輩方のお手伝いが素早くできるよう、
自分自身の技工のスキルと判断を勉強していきたいと思います

2週に渡り読んでいただきありがとうございました!!


社内研修会 口蓋プレート製作

こんにちは。義歯部新入社員の千葉です。

今回は社内研修として口蓋プレート製作をおこないました。

装着感を体験することが目的です。

学生時代にも一度製作する機会がありましたが、その際は嘔吐感が強く5分とつけていられませんでした。

今回は24時間20日間つけ続けるというルールがあるため、耐えられるものをつくれるか心配でした…

まずは、サベイングを教わりました。
1_20180423173916582.jpg
2_201804231739178d9.jpg
普段やり慣れていないので悪戦苦闘です。

つぎにレジンを盛っていきました。

ふりかけ法と筆積み方は実際やるのが初めてなので、先輩からコツを教わりながら行いました。

これも中々難しかったです。

3.jpg
4_201804231739206f8.jpg
形態修正を行い、人によっては研磨を行いました。

5_20180423173922b11.jpg

私はあえて研磨せずに装着を行いました。

実際に装着してみると、思っていた以上に違和感が強かったです。

えづいたり、舌足らずな話し方になったりする人もいました。

同期と濁点がついた言葉が話しづらいという話になり
検証した結果、特に「が・ぎ・ぐ・げ・ご」が言いづらいことを発見しました。

一番、衝撃的だったのは口蓋プレートがあると食べ物の味をほぼ感じず、
嚥下が非常にしづらくてタイミングもつかみづらいことでした。

つけていることで口の中の違和感が強く、食欲が無くなるということも
ありました。

厚みを薄くしたり、真ん中を空けて形を変えてみたりと
それぞれ色々な形に変えていきながら違和感なく装着できるよう
レポートをつけていきます!


今回の研修で改めて形態修正の重要性を身をもって学びことが出来ました。

今後の技工物製作でも細かい所まで妥協せず、より良い製品の製作を行えるよう
日々精進して参りたいと思います。
6_20180423173936039.jpg


ここから20日間かけてどのような形に変化していくか…
こうご期待!!


テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : 歯科技工

社内研修会2018.3.10

こんにちは、義歯部CAD/CAM班の藤田です。

3月10日(土)義歯部2018社内研修第3回「リマウント咬合調整・形態修正・研磨」を行いました。

第1回「人工歯排列フルバランスに挑戦」、第2回「義歯埋没・重合」の続きになります。
5RIMG1285.jpg

本日は、慣れない割り出し、リマウント後の開始になります。
5RIMG1288.jpg

早速、咬合調整のデモンストレーションを京極さんにして頂きました。
5RIMG1291_20180314114637b57.jpg

初めてリマウントで咬合調整をしたので思ったように上下顎の人工歯が当たらず、
気が付けば上を見上げていました。
5RIMG1305.jpg
5RIMG1309.jpg
5RIMG1326_201803141147416fc.jpg

次に形態修正のデモンストレーションを鴇田さんにして頂きました。
5RIMG1319.jpg

いかに人工歯を削らずに形態修正しているのか見入ってしまいました。

その間に第2回で色々あり今回学ぶことになったフィットデンチャーと長時間重合を
松田さん、荻原さんにデモンストレーションして頂きました。

普段なかなかする機会がないので良い経験が出来ました。
5RIMG1334.jpg

次回は4月21日(土)第4回「口蓋プレート装置体験」があり、
新人に教える立場になるので今からドキドキです。
プロフィール

技工所メディナ

Author:技工所メディナ
歯科技工所 株式会社メディナへようこそ

当社のことをいち早く、知りたい方はまずは

下記ホームページをご参照くださいませ。

http://www.medina-group.jp

または当ブログの左下リンク集の中からお願いします。

よろしくお願いします

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード