FC2ブログ

鶴見臨床をかたる会

6月17日
鶴見区の米山先生を発起人として、
立ちあがったスタディグループ「鶴見臨床を語る会」に参加させて頂きました。

みなさんが、待ちに待った第1回目は、
縄田博之先生を講師に、「総義歯(難症例)についてかたる」
全4回の第1段「印象採得と模型読み、設計…etc」です。
DSC06654.jpg
DSC06656.jpg
参加者は、技工士、衛生士も含め30名を超え、立ち上がりとしては大盛況でした。
ディスカッション形式で行われましたが、第1回目とあり、みなさん少々固い感じでした、
これから会を重ねることで、方向性も定まる事でしょう、
今後が楽しみですね。
スポンサーサイト

立ち会い続き1

6月9日
前回に行き続き立ち会いさせていただきました。

前回気になっていたものの、時間の関係でできなかったことをお願いしました。

まずはトクソーリベースを使いレトロモラーパッドを口腔内で覆うように
床を延ばしていただきました。

DSC06467.jpg
次に舌側も同じようにトクソーリベースを辺縁に盛って
口腔内で延ばしていただきました、
うまい具合に厚みも出て、吸着もばっちりでした

DSC06470.jpgDSC06472.jpg
高さは、まず上顎前歯を審美優先で決めていただき、(なんと計ったらピッタリ平均値通りでした)
それに合わせて臼歯を決めていただいたら、ほぼ平均値に収まりました。

次回は上顎の辺縁の調整と咬合のチェックですかね

立ち会い

6月1日
「下顎が吸着せず咬合採得が上手くいかない難しい患者さんがいる」
と、いつもお世話になっているW先生からご相談いただき、
咬合採得に立ち会わせていただきました

DSC06381.jpg
DSC06383.jpgDSC06385.jpgDSC06387.jpg
前回の印象では採れていない箇所が少しあったので、
下顎を口座印象して頂き、咬合床を作り直していざ出陣

DSC06388.jpg
咬合床はなんとか吸着しました。
が、難しいのは今まで義歯を入れていなかったせいか、
下顎位が全く安定しません、噛んだ後大きく右にずれてしまいます。

田中五郎先生に講演会で教わった通り、一度噛んでもらったローテーの余剰部分をカットして
硬い面どうしで当たるようにして・・・
W先生、「チンポイント変法」に挑戦です。
DSC06394.jpg
DSC06399.jpg
かなりいい処に入るのですが、止めると「ズズッ」と大きくずれてしまいます
頑張ってとめていただきましたが、前にずれないようにかなり高くなってしまいました。
これで良いのか先生も悩んでいましたが、次回また確認しましょう。
左右のずれは思った以上に無かったですよ

学術研修会

5月30日
技工士会主催学術研修会
「臨床へ役立つ審美補綴テクニック」へ参加しました。
DSC06363.jpgDSC06364.jpgDSC06366.jpg
受付で見つけた三坂さん、佐藤君、浜谷さん
DSC06367.jpg

七戸君も見つけました、
いつも日高さんと一緒だね。
勉強は大切です、自分の為ですからね
頑張って勉強してください。
プロフィール

技工所メディナ

Author:技工所メディナ
歯科技工所 株式会社メディナへようこそ

当社のことをいち早く、知りたい方はまずは

下記ホームページをご参照くださいませ。

http://www.medina-group.jp

または当ブログの左下リンク集の中からお願いします。

よろしくお願いします

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード